【転載文】世界中を震撼させる「コロナ」感染リスク

時代刺激人 Vol. 312

2020年3月31日
経済ジャーナリスト 牧野義司

世界中を震撼させる「コロナ」感染リスク

中国・武漢市を発生源にした新型コロナウイルスの感染リスクが、ここまで世界中を震撼させる重大危機に拡大するとは、誰も想定しなかっただろう。ウイルスという目に見えない「敵」との闘いとはいえ、今やヒトの動きに大きな制限が加わり、それがモノの生産活動に波及、日本を含め多くの国で経済は失速しつつある。国際的に、まさに非常事態だ。

当初は、感染者の隔離、治療対応にとどまっていたのが、次第に危機管理対応が住民の外出禁止など都市封鎖、さらには感染者が急増する国々からの入国制限にエスカレートした。今では感染リスク遮断を理由に、シンガポールがすべての外国人の入国禁止という国境封鎖に踏み出すと、EU(欧州諸国連合)が同様にEU域外からの入域を30日間、原則禁止にした。米国も自国内の都市封鎖にとどまらず、EUなどからの入国を封じた。連鎖が拡大すれば、世界中が鎖国状態に陥ってしまう。現に、最悪状態に向かいつつある。

国境封鎖や相互不信を止めてグローバル連携を

そんな中で、国際問題の専門家が鋭く問題指摘する。「中国が2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の教訓をもとに、新型コロナウイルスへの対策を素早くとっていれば、中国武漢の新型肺炎、中国の風土病にとどまっていたはず。その責任は間違いなく大きい。しかし疾病のグローバル化スピードがケタ外れだ。人の往来スピードが早いため、リスクは一気に拡大しパンデミック(世界的な病気流行)になった」と。全くそのとおりだ。

ここで重要なのは、グローバル化が「コロナ」ウイルスの感染リスクを世界中に拡散させたとして、グローバリゼーションを憎み、国境封鎖などで各国が相互不信に陥ることだ。私はあえて言いたい。今こそ世界が足並みをそろえて危機対応で連携することだ。相互不信から国境封鎖に走るのではなく、感染者対策の数多くの知見やワクチン開発の情報共有、医療崩壊に陥る国々へ医師や看護師の国際チームを派遣、物資補給すること、また経済対策に関しても失職を余儀なくされた人の救済策の政策情報共有など数多の対応が必要だ。

歴史学者ハラリさん「分離でなく協力・団結を」

こんな問題意識を持っていたら、スケールの大きい発想で同じ問題提起をしている人がいた。イスラエルの歴史学者で哲学者、ユヴァル・ノア・ハラリさんだ。「サピエンス全史」などの著作で有名だが、最近、米TIME誌に「コロナウイルスとの闘いでグローバルな団結を」記事を寄稿している内容がそれだ。素晴らしいので、ぜひ紹介させていただこう。

「多くの人が新型コロナウイルスの大流行をグローバル化のせいにし、この種の感染爆発が再び起こるのを防ぐためには脱グローバル化するしかないと言う。壁を築き、移動を制限し貿易も減らせと。だが、感染症を封じ込めるのに短期の隔離は不可欠だとはいえ、長期の孤立主義政策は経済の崩壊につながるだけだ。真の感染症対策にはならない。むしろ、その正反対だ。大流行への本当の対策は、分断ではなく協力だ」「感染症に見舞われた国は感染爆発の情報などを包み隠さず進んで開示し各国と活用し協力連携すべきだ」と。

「米国は傍観者でなく指導的役割果たせ」と主張も

極めつけは、ハラリさんが米国に対し、傍観者ではなく指導的な役割を果たせ、と主張した点だ。「2014年にエボラ出血熱が大流行した時には、米国は指導者の役割をこなした。だが、近年、米国はグローバルなリーダー役を退いてしまった。(中略)今回、新型コロナウイルス危機が勃発した時には傍観者を決め込み、指導的役割を引き受けることも控えている」、「米国が残した空白は、まだ誰にも埋められていない。むしろ、正反対だ。今や外国人嫌悪と孤立主義、そして不信が、国際社会の特徴となっている」と。全く同
感だ。

現在の米トランプ政権の「アメリカファースト」といった自国第一主義、そして分断の政策展開は、ハラリさんの指摘どおり、間違いなくパンデミック阻止には大きな障害だ。その米国が今年のG7サミット(先進7か国首脳会議)の議長国だ。トランプ大統領は目先の自身の再選に結び付くことならば、積極姿勢を見せるが、それ以外では節操がなく、見識などが見られない。でも、米国は腐っても鯛(タイ)で、グローバルリーダーの国だ。G7サミットへの米国の対応に関し、トランプ大統領に対し「今はグローバル社会の分断ではない。新型コロナウイルス危機の封じ込めで米国がグローバルガバナンスのリーダーシップを示し、結束を呼び掛けることが重要だ。大統領自身が狙う『強い米国を』とは、そのことでないのか」と進言する人間が米国中枢にはいないのだろうか、と思う。

中国もおわびと同時に危機克服のデータ提供が重要

しかし新型コロナウイルスのパンデミック封じ込めにあたって、私は米国にだけ指導的な役割を求めているわけでない。中国の責任も重大だ。その中国が今、共産党中央の強力な指導力で封じ込めに成功した、と誇示する動きがあるようだが、この際、「大人の中国」としての対応が重要だ。まずは、当初の危機対応のまずさで世界各国に影響を及ぼしたことに関して、率直にわびる必要がある。重要なのは、メンツよりも真摯な対応姿勢だ。そのあとの対応が重要だ。中国の総力をあげて危機を乗り切りつつある現状は多くの国
に勇気を与える。そこで武漢市での試行錯誤の現場課題、その後の克服努力や研究のデータなどを提供して世界に貢献したい、と情報発信すれば、間違いなく中国評価は上がる。

日本もクルーズ船危機対応ミスの教訓提供を

日本は、小康状態だった新型コロナウイルスの感染リスクが最近の政府、そして専門家会議や東京都知事らの言動で見る限り、オーバーシュート(感染爆発)の一歩手前に陥りつつある。お笑い人気タレント志村けんさんのコロナ感染による突然の死去は、身近なことだけに大きな警鐘になったことは間違いない。日本も危機感を強めることは必要だ。とくに医療現場の人たちのご苦労ぶりは大変で、医療崩壊を防ぐ本格的準備が必要だ。そんな日本が、国際協力という点で貢献するならば、多国籍クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」での危機対応のまずさの教訓事例の提供だ。端的には国際法上の管轄権が船主企業の属する英国だが、運航は米国企業が行うという複雑な状況下で、日本政府が勝手に公権力を行使してウイルス感染者に危機対応しにくかったこと、それらが重なって対応にもたつきが出て、感染者を数多く出したことなどだ。

イタリアの失敗、台湾や韓国の成功事例共有も

国際レベルで共有すべき教訓事例としては、医療体制が整わず高齢者を中心に多くの死者を出したイタリアの事例、また米国ニューヨーク市で感染者数が短期間に急拡大して都市封鎖を余儀なくされた事例に関して、事前にコロナウイルス感染リスクが言われていたのになぜ増えたのか、学ぶことは何かなどは情報共有すべきポイントだ。

他方で、台湾は逆に官民あげて初期対応を積極的に行ったことで感染リスクを抑えている。同規模の国にとっては参考事例だ。韓国も過去のSARS対応の教訓として、ウイルスの有無を調べるPCR検査機器が1万ほどあったことが感染チェックに役立っている。ドイツも感染者数が多いのに、医療現場の検査体制、地域医療システムが出来ていて致死率を抑えている。これらは各国間で共有していい情報だ。国境封鎖で壁をつくっている時では
ない。各国が連携して新たなアクションを起こし感染連鎖を抑えろと言いたい。

【投稿文】新型コロナウイルスに関する緊急提言

【内容を以下に一部抜粋】

コロナ騒動の中の緊急提案
特に外食・中食産業の保全の観点から

一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ 代表理事
広田鉄磨
2020.3.25

キーメッセージ:

外食業界では 現在 従業員のマスク着用や 客・従業員両方の手指消毒に傾注したコロナ対策が行われていますが 飲食の場の安全を確保するという観点からは 効果は間接的なものにすぎず それよりも 換気を強化することが 問題の根本を解消する手段となっていくことでしょう。

前書き:

昨今は コロナウィルスが大きな話題として取りざたされています。その中で モノの見方も大きく分かれ 死亡率はSARSの10%よりはるかに低い(この原稿を書いている3月時点ではWHOの推定で3~4%)のだからあまり神経質になることはない という楽観的な立場をとるものから、 コロナ肺炎の伝播の速度が非常に早く これはスペイン風邪に匹敵する犠牲者をだすパンデミックである。スペイン風邪の時に比べて人口は大きな伸びを見せており かつ 我々の生活様式もさらに密集したものに変化しているため 死者の数も対数的に増加するだろう、医療体制の崩壊は目前のものであり 死者の数は火葬場の処理能力をもはるかに上回り 死体はそこらに山積みとなっていくという超悲観的な立場をとるものまで 広いレンジにわたっています。

観測の錯そうする中 学校の一斉休校、会合の禁止、自宅待機、テレワークの推奨、外出の禁止、国境の閉鎖に代表される密集状態・移動の制限というグローバルスケールでの対応策やら 手指消毒薬、マスク、トイレットペーパー、保存のきく食料品のパニック買いという個人による防衛策が同時に進行しています。日本国内でも起きていますが コロナヘイトとでもいうべき 差別的な言動・行動、アメリカでは 社会不安にそなえて 個人による銃の購入の加速といった これはウィルスによる災害というよりは すでに人災へ移行中ではないかという予感すらします。

マスクが グレードには無関係に店頭で売り切れとなり アルコール殺菌剤はアマゾンなどでも品切れし、 マスクの転売禁止令がだされたり、 危機にあたって 「藁にすがりたい」という心理状態で かつ 「あっちで人が死んでいる、こっちでも死んだ、明日は我が身」という恐怖感にあおられた場合には いかに非合理な行動に走るのかの 一つの代表例を示してきているといっていいでしょう。この緊急提案では このような まさに 心理的な恐慌状態にあって 正しいリスクコミュニケーションというものが機能しづらくなった現在の状況下で 我々が 社会として どうやって正しい行動を選択できるのかを 食品という側面から語ってみたいと思います。

今 我々の食生活 特に外食産業は存亡の危機に立たされています。ただでさえ客が激減している店舗が多いばかりではなく 店員が全員マスクを着用していたり 何でもかんでもアルコール消毒したり 何でもかんでも包装された商材へと切り替えたり と かえって客の不安感を増幅するような営業をして それが さらに客足を遠ざけるような事態を招いていませんでしょうか。コロナウィルスの終息の後には 我々は また豊かな食生活を急いで取り戻したいと願うことでしょう。それどころか コロナが席捲しているこの期間にも 生命維持のための栄養の補給ラインを維持することは 我々の社会にとって不可欠です。コロナ終息の前に 外食・中食というライフラインの崩壊を招かないように コロナ終息の後には ただちに 幸福感をもたらす豊かな食生活を復活させることができるように 社会として外食・中食産業を保全することが求められているといっていいでしょう。そして事業者側としては めったやたらと有効性のない対策を実施していくのではなく 選択と集中によって社会資源の浪費を抑え かつ 正しいリスクコミュニケーションを消費者に対して行っていくことで 企業としての存続を脅かすほどの収支の異常な悪化を防止し 自らが生き延びる道を確かなものにしていくべきではないでしょうか。
(以下、続く)

【投稿文公開】食品と科学2020年4月号「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 ~カレー屋編ダイジェスト~」

食品と科学 表紙

「提供品目を特化した飲食店向けシリーズ HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」

当協会代表広田鉄磨が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年4月号」に掲載された、「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 カレー屋編ダイジェスト」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/4月号』 (購入する)

  • 出版社名:食品と科学社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。

 

【大阪/淀屋橋】 HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修【2020年5月】

「HACCPの考え方をと入り入れた衛生管理」を学びたい方々のために 一日で完結できるコースを提供します。

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果


目標達成水準として 衛生管理計画を自ら作成できるようになるところまでを指導いたします。

50人未満の従業員をお持ちの事業所 とくに飲食、給食、総菜製造業など、 リテール産業にかかわる方々には 非常にお薦めです。保健所職員など行政の方々には 民間に対して衛生管理計画を指導する際の効果を上げるエッセンスを得るにはもってこいの内容です。

 

研修内容:

下記の通り「HACCP概論」から「衛生管理計画の作成」まで 3つの講義があります。

1.HACCP概論

HACCPの起源から最近の展開までを説明する

2.一般衛生管理概論

HACCPの基礎である一般的な衛生管理について解説する

3.衛生管理計画の作成(修了試験)

【5月日程】2020年5月9日(土)、5月16日(土)、5月23日(土)、5月30日 (土)
いずれか一日をお選びください
【時間】10:00 ~ 16:00 【個別相談】16:00 ~ 17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】20名(要予約)

【場所】 (株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。
東横イン淀屋橋駅南や、北陸銀行大阪支店に挟まれた位置に面しております。

【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【投稿文公開】食品と科学2020年3月号「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 ~ラーメン屋編ダイジェスト~」

「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」

当協会代表広田鉄磨が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年2月号」に掲載された、「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 ラーメン屋編ダイジェスト」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/3月号』 (購入する)

  • 出版社名:食品と科学社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。

 

【大阪/淀屋橋】飲食店HACCPの構築に向けて【2020年2月】

「どうやったらええんか さっぱりわからんわ!」 という方々に これこそは!のセミナー

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果日本食品衛生協会や日本フードサービス協会編纂の手引書の 実際の応用についてのアドバイスを求めている方々は多いことでしょう。

手引書を正確に理解し、さらに一歩進めて自らの店舗によりフィットした形で運用していくための一助として、食品品質プロフェッショナルズと日本食品安全協会(大阪)は、共同で「特化した飲食店向けの手順書」を上梓し続けていますが、それらを参考資料として提供、手引書の背景にある危害要因分析の過程を詳細に解説して、手引書の有効活用に必要な根本精神の部分の理解を提供いたします。

飲食店の運営に関わっていらっしゃる方々ばかりではなく、飲食店の衛生指導に当たっている保健所の職員の方々、飲食店とよく似た食材を扱っている給食業・総菜製造業、スーパー・百貨店でのインストア加工を管理監督されている方々など、いわゆるRTE(リテール)にかかわる方々すべてにお薦めの研修です。

研修内容:
• HACCP制度化に向けてのカレンダー
• いままでに出てきている手引書で特に飲食店向けに転用を推奨されているもの
• 食品品質プロフェッショナルズ・日本食品安全協会(大阪)が提唱する『飲食向けHACCP』の根底概念の説明
• ラーメン屋向け衛生管理の解説
• カレー屋向け衛生管理の解説
• 焼き鳥屋向け衛生管理の解説

【2月日程】2020年2月1日(土)、2月8日(土)、2月15日(土)、2月22日(土)、2月29日 (土)
【時間】10:00 ~ 16:00
【個別相談】16:00 ~ 17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。

【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】20名(要予約)

【場所】 (株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。
東横イン淀屋橋駅南や、北陸銀行大阪支店に挟まれた位置に面しております。

【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

月刊アイソス投稿記事「食品安全マネジメント規格における 内部監査についての 『辛口』のひとこと」

月刊アイソス(https://www.isosms.info/)で2020年3月号に掲載された投稿記事を閲覧することができます。

月刊アイソス 2020年3月号 執筆 / 広田 鉄磨(当協会 代表理事)
食品安全マネジメント規格における内部監査についての 「辛口」のひとこと

 

【大阪・3月開催】ISO/FSSC/JFS-A.B.C等 内部監査員スキルアップ研修

有効性のある内部監査を実施できる組織体制作りを目指して

ISO22000、FSSC22000、JFS-A.B.C、HACCPに沿った衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、HACCPに基づく衛生管理)、いずれにしてもリスクマネジメント効果を高めていくためには、内部監査が有効に機能しているかどうかにかかわっています。基本に戻り、内部監査を適切に実施できる人材を育成する研修です。各種の認証とは無縁の企業の方、HACCPにこれから取り組む予定の企業の方も、自らの社員で自社の問題点を洗い出す時の、正しい考え方や、適切な手順を学ぶことが出来ます。

プログラム予定(すべての食品企業、並びにFSMS向け内部監査員研修)
  • 適合性確認と認証の違い
  • 準備の進め方
  • コンサル・監査会社・認証会社(と建築会社・設備会社) の選び方
  • 一番難しいのが危害要因分析
  • 内部監査の基本
  • 内部監査の実施
  • チェックリストについて
  • 不適合について
  • 監査計画の立案
  • 是正処置とフォローアップ

【日程】2020年3月7日(土)、3月21日(土)、3月28日(土)
【時間】10:00~17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】
(株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野 町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。

【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】30名(要予約)
【主催】 
(一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【投稿文公開】食品と科学2020年2月号「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 ~焼き鳥屋編ダイジェスト~」

「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」

当協会代表広田鉄磨が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年2月号」に掲載された、「提供品目を特化した飲食店向け HACCPの考え方を取り入れた衛生管理手順書 焼き鳥屋編ダイジェスト」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/2月号』 (購入する)

  • 出版社名:食品と科学社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。

【東京】ISO22000/FSSC22000/JFS-Cはもちろん 「HACCPに沿った衛生管理」にも有効な 内部監査メンバーのスキルアップ研修

内部監査を充実させて HACCPを有効に回せる組織を作りあげましょう

ISO22000、FSSC22000、JFS-A.B.C、HACCPに沿った衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、HACCPに基づく衛生管理)、いずれにしてもリスクマネジメントを高めていくためには、内部監査が有効に機能しているかどうかが鍵となります。基本に戻り、内部監査を適切に実施できる人材を育成する研修です。各種の認証とは無縁であっても HACCPにこれから取り組むような企業の方々にもお勧めです。自らの社員によって 自らの組織の問題点を洗い出す折に必要な考え方や手順を学ぶことが出来ます。

研修内容:

• 適合性確認と認証の違い
•準備の進め方
• コンサル・監査会社・認証会社(と建築会社・設備会社) の選び方
•一番難しいのが危害要因分析
• 内部監査の基本
• 内部監査の実施
• チェックリストについて
• 不適合について
• 監査計画の立案
 是正処置とフォローアップ

【日程】2020年3月12日(木)、3月13日(金)、3月14日(土)、3月15日(日)
【時間】9:00~17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目7−11
          ダンリーガルビル4階

【料金】12,000円(税込)指定の口座に事前にお振込み下さい。
【定員】各日とも最大15名。要予約、先着順で割り振ります。ご希望の日が埋
まっている場合には ほかの日を提案させていただきます。
【主催】(一社)食品品質プロフェッショナルズ
【講師】 広田 鉄磨、他 認定講師

(東京オフィスの内観と外観の様子。画像をクリックで拡大されます

ダン・リーガルビルの入口の写真

左:入口の様子 上左:室内の入口側 上中:室内会議スペース 上右:室内のデスク
右:本棚の様子 下左:入口側の通路 下中:窓外南側の景色 下右:窓外北側の景色

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可