【大阪/淀屋橋】 HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修【2020年5月】

「HACCPの考え方をと入り入れた衛生管理」を学びたい方々のために 一日で完結できるコースを提供します。

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果


目標達成水準として 衛生管理計画を自ら作成できるようになるところまでを指導いたします。

50人未満の従業員をお持ちの事業所 とくに飲食、給食、総菜製造業など、 リテール産業にかかわる方々には 非常にお薦めです。保健所職員など行政の方々には 民間に対して衛生管理計画を指導する際の効果を上げるエッセンスを得るにはもってこいの内容です。

 

研修内容:

下記の通り「HACCP概論」から「衛生管理計画の作成」まで 3つの講義があります。

1.HACCP概論

HACCPの起源から最近の展開までを説明する

2.一般衛生管理概論

HACCPの基礎である一般的な衛生管理について解説する

3.衛生管理計画の作成(修了試験)

【5月日程】2020年5月9日(土)、5月16日(土)、5月23日(土)、5月30日 (土)
いずれか一日をお選びください
【時間】10:00 ~ 16:00 【個別相談】16:00 ~ 17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】20名(要予約)

【場所】 (株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。
東横イン淀屋橋駅南や、北陸銀行大阪支店に挟まれた位置に面しております。

【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【大阪/淀屋橋】飲食店HACCPの構築に向けて【2020年2月】

「どうやったらええんか さっぱりわからんわ!」 という方々に これこそは!のセミナー

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果日本食品衛生協会や日本フードサービス協会編纂の手引書の 実際の応用についてのアドバイスを求めている方々は多いことでしょう。

手引書を正確に理解し、さらに一歩進めて自らの店舗によりフィットした形で運用していくための一助として、食品品質プロフェッショナルズと日本食品安全協会(大阪)は、共同で「特化した飲食店向けの手順書」を上梓し続けていますが、それらを参考資料として提供、手引書の背景にある危害要因分析の過程を詳細に解説して、手引書の有効活用に必要な根本精神の部分の理解を提供いたします。

飲食店の運営に関わっていらっしゃる方々ばかりではなく、飲食店の衛生指導に当たっている保健所の職員の方々、飲食店とよく似た食材を扱っている給食業・総菜製造業、スーパー・百貨店でのインストア加工を管理監督されている方々など、いわゆるRTE(リテール)にかかわる方々すべてにお薦めの研修です。

研修内容:
• HACCP制度化に向けてのカレンダー
• いままでに出てきている手引書で特に飲食店向けに転用を推奨されているもの
• 食品品質プロフェッショナルズ・日本食品安全協会(大阪)が提唱する『飲食向けHACCP』の根底概念の説明
• ラーメン屋向け衛生管理の解説
• カレー屋向け衛生管理の解説
• 焼き鳥屋向け衛生管理の解説

【2月日程】2020年2月1日(土)、2月8日(土)、2月15日(土)、2月22日(土)、2月29日 (土)
【時間】10:00 ~ 16:00
【個別相談】16:00 ~ 17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。

【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】20名(要予約)

【場所】 (株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。
東横イン淀屋橋駅南や、北陸銀行大阪支店に挟まれた位置に面しております。

【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【大阪・3月開催】ISO/FSSC/JFS-A.B.C等 内部監査員スキルアップ研修

有効性のある内部監査を実施できる組織体制作りを目指して

ISO22000、FSSC22000、JFS-A.B.C、HACCPに沿った衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、HACCPに基づく衛生管理)、いずれにしてもリスクマネジメント効果を高めていくためには、内部監査が有効に機能しているかどうかにかかわっています。基本に戻り、内部監査を適切に実施できる人材を育成する研修です。各種の認証とは無縁の企業の方、HACCPにこれから取り組む予定の企業の方も、自らの社員で自社の問題点を洗い出す時の、正しい考え方や、適切な手順を学ぶことが出来ます。

プログラム予定(すべての食品企業、並びにFSMS向け内部監査員研修)
  • 適合性確認と認証の違い
  • 準備の進め方
  • コンサル・監査会社・認証会社(と建築会社・設備会社) の選び方
  • 一番難しいのが危害要因分析
  • 内部監査の基本
  • 内部監査の実施
  • チェックリストについて
  • 不適合について
  • 監査計画の立案
  • 是正処置とフォローアップ

【日程】2020年3月7日(土)、3月21日(土)、3月28日(土)
【時間】10:00~17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】
(株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野 町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。

【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】30名(要予約)
【主催】 
(一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【東京】ISO22000/FSSC22000/JFS-Cはもちろん 「HACCPに沿った衛生管理」にも有効な 内部監査メンバーのスキルアップ研修

内部監査を充実させて HACCPを有効に回せる組織を作りあげましょう

ISO22000、FSSC22000、JFS-A.B.C、HACCPに沿った衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、HACCPに基づく衛生管理)、いずれにしてもリスクマネジメントを高めていくためには、内部監査が有効に機能しているかどうかが鍵となります。基本に戻り、内部監査を適切に実施できる人材を育成する研修です。各種の認証とは無縁であっても HACCPにこれから取り組むような企業の方々にもお勧めです。自らの社員によって 自らの組織の問題点を洗い出す折に必要な考え方や手順を学ぶことが出来ます。

研修内容:

• 適合性確認と認証の違い
•準備の進め方
• コンサル・監査会社・認証会社(と建築会社・設備会社) の選び方
•一番難しいのが危害要因分析
• 内部監査の基本
• 内部監査の実施
• チェックリストについて
• 不適合について
• 監査計画の立案
 是正処置とフォローアップ

【日程】2020年3月12日(木)、3月13日(金)、3月14日(土)、3月15日(日)
【時間】9:00~17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目7−11
          ダンリーガルビル4階

【料金】12,000円(税込)指定の口座に事前にお振込み下さい。
【定員】各日とも最大15名。要予約、先着順で割り振ります。ご希望の日が埋
まっている場合には ほかの日を提案させていただきます。
【主催】(一社)食品品質プロフェッショナルズ
【講師】 広田 鉄磨、他 認定講師

(東京オフィスの内観と外観の様子。画像をクリックで拡大されます

ダン・リーガルビルの入口の写真

左:入口の様子 上左:室内の入口側 上中:室内会議スペース 上右:室内のデスク
右:本棚の様子 下左:入口側の通路 下中:窓外南側の景色 下右:窓外北側の景色

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

【東京/飯田橋】飲食店HACCPの構築に向けて【2020年3月6日(金)より】

「どうやったらいいのか さっぱりわからない!」 という方々に これこそは!のセミナー

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果発行済みの飲食店向けの「HACCPの考え方を取り入れた」手引書を読んだ方々には 「こんなに記録ばかりつけないとダメなんですか?」とか「本当にこれで効果が上がるんですか?」とか 「自分の店には さっぱりフィットしない気がして・・・」とお嘆きの方々が多いと存じます。危害要因分析の過程が明確にされていない手引書の成果物部分(衛生管理計画参照例)にだけ飛びつけば まことに自然な感想かとおもいます。

食品品質プロフェッショナルズと (本部大阪)日本食品安全協会は共同で このような現実面での対応にお困りの方々のため 特化した飲食店向けの手引書を上梓し続けていますが それらを参考資料として提供、衛生管理計画にいたるまでの危害要因分析を詳細に解説するとともに とことん簡略化した衛生管理計画のひな型を提案します。

実際に飲食店の運営に関わっていらっしゃる方々ばかりではなく 飲食店の衛生指導に当たっている保健所の職員の方々、飲食店とよく似た食材を扱っている給食業・総菜製造業、スーパー・百貨店でのインストア加工を管理監督されている方々など いわゆるRTEにかかわる方々すべてにお薦めの研修です。

研修内容:

• HACCP制度化に向けてのカレンダー
• いままでに出てきている手引書で特に飲食店向けに転用を推奨されているもの
• 食品品質プロフェッショナルズ・(本部大阪)日本食品安全協会が提唱する
 『飲食向けHACCP』の根底概念の説明
• ラーメン屋向け衛生管理の解説
• カレー屋向け衛生管理の解説
• 焼き鳥屋向け衛生管理の解説

【日程】2020年3月6日(金)、3月7日(土)、3月8日(日)、3月9日(月)、3月10日(火)、3月11日(水)
【時間】10:00~16:00
    講義の進捗具合によって前後致します。【個別相談】16:00~17:00
【場所】 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目7−11
          ダンリーガルビル4階

【料金】12,000円(税込)指定の口座に事前にお振込み下さい。
【定員】各日とも最大15名。要予約、先着順で割り振ります。ご希望の日が埋
まっている場合には ほかの日を提案させていただきます。
【主催】(一社)食品品質プロフェッショナルズ
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

(東京オフィスの内観と外観の様子。画像をクリックで拡大されます

ダン・リーガルビルの入口の写真

左:入口の様子 上左:室内の入口側 上中:室内会議スペース 上右:室内のデスク
右:本棚の様子 下左:入口側の通路 下中:窓外南側の景色 下右:窓外北側の景色

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

募集は締切させて頂きました。

【名古屋開催】2020年1月15日(水)熱殺菌工学(基礎編)

食品産業従事者向け

食品に携わる者にとって「殺菌」は永遠のテーマともいってよいでしょう。なかでも 熱殺菌は、非常に身近な技術でありながらも 基礎を学んだことがないという方は多く存在します。

通常は「殺菌技術者研修」と呼ばれている内容の中で、特に実践的な部分だけを抽出、さらに強化して、かみ砕いて解説しますので、お忙しい方々でも 短時間で熱殺菌のノウハウを身に着けてもらえます。

【日程】2020年1月15日(水曜) 
    9:45~16:10を予定(受付開始は9:20~)
【料金】6,000円(税込)
【主催】株式会社環境科学研究所 食品分析センター(名古屋市北区若鶴町152番地)
【TEL】052-902-4456 【FAX】052-902-4601
【E-mail】food@kankyokagaku.com

【会場】ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
    〒450-0002  愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

 

  1. 微生物全般と それぞれの耐熱性 
    食品産業で問題となる 食中毒菌の耐熱性 および 腐敗の原因となりがちな耐熱性芽胞菌の耐熱性について説明します
    【時間】9:45~10:45
  2. 微生物の熱殺菌効果計算(実習)
    通常 Fo値と呼ばれているものを中心に 算出方法を解説します。実際に計算を体験していただきますので、ぜひエクセル機能付きのPC/IPad等ご持参ください。エクセルが搭載されていればスマートフォンでも可能ですが、画面が小さい為、PCをお勧めします。
    【時間】10:55~11:55
  3. 熱殺菌機器のあれこれ
    レトルト、ホットパック、アセプティックなど 様々な機器が存在しますが それぞれに対象にできる製品群が異なり、また最終製品の品質にも差が出ます。広範に運用されている機器の特性について解説します。
    【時間】13:00~14:00
  4. 殺菌の検証
    殺菌機そのものの温度分布の検証、製品への熱浸透の検証と、熱殺菌が有効に機能していることを確認するには、国際的には通常二段階のステップを踏みます。日本では一番普及が遅れているコンセプトですが、とても重要ですので 手短に解説します。
    【時間】14:10~15:10
  5. オプション
    参加は自由です。各参加者の抱える課題についての個別相談。
    【時間】15:10~16:10

【 参加方法】

お申し込みはメールにて、 下記アドレスに件名及び下記①から⑥を記入し、ご送信ください。

food@kankyokagaku.com

件名: 名古屋熱殺菌セミナー(基礎)申し込み

①お名前(フリガナ) ②会社名  ③部署名
④電話番号  ⑤テキストを受信したいメールアドレス  ⑥住所

※最低催行人数に達しない場合、中止となる場合があります。

【3日間・福岡】HACCP責任者研修【QPFS主催】

2020年2月より福岡県東区にて、3日間のプログラムでのHACCP責任者研修を実施致します。座学と実習に分けた実績のあるプログラムで、平成30年度農林水産省の“食品の品質管理体制強化対策事業”の“研修指導要領”に準じ た内容となった内容に即しています。

セミナー参加のお申込みフォームはこのページの下にございます。

 

上記の画像をクリックするとPDFファイルでチラシの閲覧ができます。

パン屋に併設された、ファミリーラボスペースでの研修となります。
【日程】2020年2月12日(水曜)~2月14日(金曜)
【時間】初日 8:30~18:00(2日目以降は8:00スタート)
【料金】50,000円(パン食べ放題の昼食込・税込)
【会員割引】40,000円(QPFS個人会員 、または 個人会員の紹介1名まで。
           QPFS事業者会員 または 事業者会員の紹介10名まで)
【定員】15名
【講師】関西大学化学生命工学部特任教授 広田鉄磨等
【主催】 一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ
【後援】 福岡県製パン協会連合会 (TEL 092-771-7886)
【場所】フルフル風の森 (TEL 092-410-0582)
    〒813-0003 福岡市東区香住ケ丘7丁目4-2
【アクセス方法】西鉄貝塚線「香椎花園前駅」から徒歩10分

【研修スケジュール・予定】

一日目は座学がメインとなっております。
二日目以降、実習がメインになります。
三日目は実習に加えて、卒業試験を実施します。

【お申込み方法】以下のフォームに必要事項を記入して送信してください。

お名前

ふりがな

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

【東京・3日間研修】HACCP研修会~持続可能な食品産業へ~

 食品衛生法の改正により2021年6月までに原則として全ての食品等事業者 (飲食店を含む) がHACCPを導入しなくてはなりません。義務化に向けて正しいHACCPを理解し現場で適切な管理を実践する為の研修会を開催します。HACCPとは何か?今から取り組むにあ たって何をすれば良いのか?の段階にある初心者から、 既に現場でHACCPの運用にあたっている品質管理担当者までを対象としております。 食品加工事業者や飲食店だけでなく、 これからは農業者もHACCPの考え方を理解する必要がございます。 食品加工、飲食、流通、農業など幅広い分野から研修会にご参加いただきHACCPへの理解を深め、 日本の食を世界に誇れる産業へと築き上げていきましょう。

 HACCPに取り組むことで世界中で取り組まれているSDGs(持続可能な開発目標) の達成にも近づくことができます。 目標3 「すべての人に健康と福祉を」、 目標8 「働きがいも経済成長も」、 目標9 「産業と技術革新の基盤をつくろう」、 目標12 「つくる責任つかう責任」とHACCPの繋がりを考えてみると、HACCPに取り組むことで安全な食品を流通させることができ、 消費者の健康が守られます。 また、HACCPの導入で食品産業の基盤をつくり、 国際的に信頼のおける食品衛生管理の実現により日本の食の更なる経済成長、 返品による廃棄ロスの削減、 安全な包装容器の使用にも繋がります。日本の食品産業を持続可能なものとするためにはHACCPへの取り組みが重要な課題となります。

研修会は3日間の受講により 「HACCPシステムについて相当程度の知識を持つと認められる者」 の要件を満た すことができます。 3日間の受講修了者には 「HACCP管理者研修会修了証」 を交付致します。 食品事業者であ ればHACCP管理者としての力量を示すことができ、 また 農業関連では GLOBLAG.A.P. 内部検査員の資格要 件の1つなどにも該当します。

【日程】2019年12月10日(火曜)~12月12日(木曜)
    初日…10:00~18:30(最終日は17:30まで)
【料金】66,000円(税込)…全日参加
    46,000円(税込)…初日だけ参加
【定員】30名
【講師】関西大学化学生命工学部特任教授 広田鉄磨等
【企画】 サクシード株式会社
【協力】 株式会社アグリインキュベーター
【場所】あすか会議室 神田小川町(東京都千代田区神田小川町2-1-7 日本地所第 7 ビル)

  • 1日目のみの受講の場合、後日開催される当研修会の後半2日間の参加で修了証を発行致します。
  • 基礎研修を受講済で管理者研修2日間への参加は28,000円(税込み)を予定しております。
  • 昼食はご自身でご用意ください。休憩時間に外で済ませるか、お持ち込みでの飲食も可能です。

【参加方法】>>お申し込みフォームはコチラ

  • 【1日目】 HACCP基礎研修(座学) 10:00 ~ 18:30  終了後 20:00 まで個別相談会
    HACCP概論(適合性確認、認証の差異を含む。食品衛生法改正のその後)
    一般衛生管理、環境衛生・ペストコントロール、製品仕様書・フローダイアグラム
    危害要因、HACCPプラン。事例紹介。
  • 【2日目】 HACCP管理者研修(実習) 9:30 ~ 18:30  終了後 20:00 まで個別相談会
    食品品質プロフェッショナルズの提唱するビジュアライゼーションにそった
    HACCPプラン作成実習。
  • 【3日目】 HACCP管理者研修(発表) 9:30 ~ 17:30  終了後 18:30 まで個別相談会
    各自の作成したHACCPプランの発表と質疑応答。

    ※研修会の資料は事前にデータで配布しますので、当日はノートPCやタブレットで
     データを閲覧しながらの受講をお勧めします。プリントしての持参でも構いません。

【大阪】ISO/FSSC/JFS-A.B.C等 内部監査員スキルアップ研修

有効性のある内部監査を実施できる組織体制作りを目指して

ISO22000、FSSC22000、JFS-A.B.C、HACCPに沿った衛生管理(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、HACCPに基づく衛生管理)、いずれにしてもリスクマネジメント効果を高めていくためには、内部監査が有効に機能しているかどうかにかかわっています。基本に戻り、内部監査を適切に実施できる人材を育成する研修です。各種の認証とは無縁の企業の方、HACCPにこれから取り組む予定の企業の方も、自らの社員で自社の問題点を洗い出す時の、正しい考え方や、適切な手順を学ぶことが出来ます。

プログラム予定(すべての食品企業、並びにFSMS向け内部監査員研修)
  • 適合性確認と認証の違い
  • 準備の進め方
  • コンサル・監査会社・認証会社(と建築会社・設備会社) の選び方
  • 一番難しいのが危害要因分析
  • 内部監査の基本
  • 内部監査の実施
  • チェックリストについて
  • 不適合について
  • 監査計画の立案
  • 是正処置とフォローアップ

【日程】2019年11月9日(土)、11月16日(土)、11月23日(土)、11月30日(土)
    2019年
12月7日(土)、12月14日(土)、12月21日(土)
    2020年 1月11日(土)、1月18日(土)、 1月25日(土)
【時間】10:00~17:00
    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】
(株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野 町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。

【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】30名(要予約)
【主催】 
(一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【大阪】2019年11月20日 食品表示セミナー

食品加工製造従事者向け

JAS法、食品衛生法、健康増進法を統合する形で、2015年に食品表示法が施行されました。この新法に基づく新表示ルールへの完全移行は、2020年4月1日をもってなされます[生鮮食品は、2016年10月1日、加工食品(輸入品を除く)原料原産地表示は2022年4月1日です。]所管は消費者庁で、過去に大きな議論を巻き起こしながら事態が進展してきています。
食品表示法の施行による大きな変更点としては、下記の4つが挙げられます。

1.一般用の加工食品及び一般用の添加物の栄養成分表示の義務化
2.アレルギー表示の変更
3.「機能性表示食品」制度の新設
4.全ての加工食品(輸入品を除く)に原料原産地の表示

行政、事業者ともに新ルール移行への準備に忙しいところですが、完全移行まで四カ月を残した今、一度行政側の意見、事業者側の意見の最終段階でのすり合わせを行い、新ルールへの移行がスムースとなることを確実にすべき時期に至っていると思われます。
そこで今回、消費者庁、大阪府、事業者側を代表する者として消費者と直接対峙する小売業代表に参集していただき、新ルールにかかわるメンバーが勢ぞろいした形をもって、闊達な意見交換の場となるよう、関西大学梅田キャンパスで食品表示セミナーを行います。

 

【日程】2019年11月20日(水曜)
    12:45~17:10(個別相談17:20~17:50)を予定
【料金】1,000円(税込)
【定員】140名

【場所】関西大学梅田キャンパス(大阪府大阪市北区鶴野町1−5)

【講義内容】

●12:45 開場
●13:20-13:30
開会の挨拶(関西大学 広田鉄磨)
●13:30-14:30
講演1「これからの食品表示制度について(仮題)」(消費者庁食品表示行政ご担当者様)
●14:30-15:30
講演2「義務化された栄養成分表示の表示方法(仮題)」(大阪府食品表示行政ご担当者様)
●15:30-15:40 休憩
●15:40-16:40
講演3「小売業から見た食品業界の新食品表示基準への対応状況(仮題)」(小売業の食品表示担当者様)
●16:40-17:10
質疑応答/モデレーター 渡辺 寛
●17:10 一旦の散会
●17:20-17:50
表示関連 個別相談(※事前申し込みされた方を優先します) 担当/渡辺 寛

参加方法

※受付確認メールの配信はございません。予めご了承願います。
※複数名まとめてのお申し込みは受け付けておりません。1フォームにつき、おひとりずつのお申し込みをお願い致します。
※個別相談をご希望の方は、お申し込みフォーム内に記述欄を設けておりますので、できましたら200字以内でその内容の概要をご入力下さい。

>>>お申し込みはコチラ

■受講料は受講当日、8階会場にてお支払い下さい。