QPFS-jim のすべての投稿

食品工場の虫混入対策と歴史

まだプロテインバーで虫が出たことへの投稿がかまびすしいので…

ネットニュース記事
海外プロテインバーの虫混入は「起こるべくして起こった」 シュールストレミング取扱商社が語る海外と日本の”文化”の違い

日本の製粉業界では 殺卵機を使います。殺卵機という名称を使うかどうかといえばエントレーターと呼んでいることろがおおいのではないでしょうか。簡単に言えば 小麦粉をぶちたたいて その中にある虫の卵をつぶす機械です

殺虫・殺卵機『IE型/MIA型 インラインアタッカー』

ずいぶん前ですが 大学の授業中に「卵をたたいてつぶしているから 小麦粉に虫が湧かなくなった」と説明したら 「オエーッ」という反響が 特に女子学生から。あんたらはねえ 食品に虫が湧いたのを見たことがない世代だから 「オエーッ」かもしれないが ワシらの若いころは 米櫃をあけるとコクゾウが チョコレートでもたまにはメイガの卵やら幼虫が湧いとったんじゃぞ と説明すると ますます「オエーッ」。

幸せな世代なのか不幸な世代なのか・・・食品は自然から切り取ってきた素材で作られるので そこには自然由来の虫が紛れ込む。よしんば紛れ込むのを抑えきっても 食品工場には または陳列している商品には 虫が「鵜の目鷹の目」で目をつける。そりゃあ 放っておかんだろう 好物が積み上げられてるんだもん。人類は 長く虫との闘いを続けているが 決して完勝したことはない。ちょっとうっかりしてりゃ すぐ虫の発生。何万トンも廃棄したのなら フードロスとしては問題視されるだろうけど、しかし 何百キロくらいの損害は しょっちゅう起きている。人間は この頼りない大脳で物事に対処するが 虫はもっと確かな本能と数をもって攻めてくる。向こうのほうが一枚も二枚も上手。虫の偉大さを知らないのは まったくの不幸。虫ゼロを目指すとなると 設備投資がうなぎのぼり それは 必ず価格に反映されていく。

チョコレートでいえば ローラー掛けでいったんはメイガの卵をつぶしてしまえるが(女子学生 ハイッ「オエーッ」タイムですよ) その後の工程には ありとあらゆるところにメイガが潜んでいる。人間がやれるのは 掃除に掃除に掃除、ありとあらゆるメイガの巣になりそうなところをつぶしていくだけ それでもまれには卵をうみつけられちゃう。また 商品を陳列していると そこには 成虫もいれば幼虫もいて 包装を食い破って入ってくる。うまいもんな チョコレートは。昔 チョコレートには 比較的分厚いアルミ箔を巻いていたのは 食い破られないため。大丈夫かなあ 最近 包材が薄くなってくているし エコとか言って丈夫なプラスティックを排除している。女子学生諸君 そのうちチョコレートあけたら はいこんにちは と虫が出てくるのが常識になるかもね

文責 一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ
代表理事 広田鉄磨


一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズではHACCPなど食品工場や飲食店の食品衛生などに関する様々なテーマでセミナーを開催しております。詳しくはこちらのページへ

【投稿文公開】食品と科学2020年10月号 「飲食デリバリーの構造、問題と予測」

一般社団法人 日本食品安全協会(本部大阪) HACCP指導担当 森本 覚

当協会会員森本覚が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年10月号」に掲載された、「飲食デリバリーの構造、問題と予測」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/10月号』 (購入する)

出版社名:食品と科学社
発行間隔:月刊
発売日:毎月25日
サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。

【大阪/梅田】 HACCPの考え方を取り入れた衛生管理研修【2020年11月開催】

【日時】2020年11月5日 9:00~16:00

【場所】〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
          関西大学梅田キャンパス

【主催関西大学梅田キャンパス/ 共催(一社)食品品質プロフェッショナルズ

【参加費】8000円 

【定員】 最大20名まで

【詳細、申し込みURL】:https://www.kansai-u.ac.jp/umeda/event-seminar/merise/2020.html

【大阪/梅田】 熱殺菌工学基礎Ⅱ【2020年11月開催】

熱殺菌はよく利用されていながらも、他の先進国特にアメリカと比較して、日本で最も遅れているのが、妥当性確認(バリデーション)と検証(ベリフィケーション)です。

本講義ではレトルト、ホットパック、アセプティック(UHT)の各分野で、いかに妥当性確認と検証を行っていくかの解説をおこないます。かつ具体的なレトルト事例での検証作業を行っていただきます。

【日時】2020年11月3日 9:00~16:00

【場所】〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
          関西大学梅田キャンパス

【主催関西大学梅田キャンパス/ 共催(一社)食品品質プロフェッショナルズ

【参加費】8000円 

【定員】 最大20名まで

【詳細、申し込みURL】:https://www.kansai-u.ac.jp/umeda/event-seminar/merise/2020.html

【大阪/梅田】 熱殺菌工学基礎Ⅰ【2020年11月開催】

レトルト、ホットパックなど 熱を使って殺菌する 日持ちを向上させるテクニックです

食品産業に携わる者にとって、熱殺菌は永遠のテーマといってもよいでしょう。なかでも熱殺菌は、非常に身近な技術でありながらも、基礎を学んだことがないという方が多くいます。

レトルト、ホットパックなどの用語にはなじみがあっても 実際 どう加熱して どう熱が伝わってどう殺菌が進んでいくのか さっぱりわからないというのが通常ではないでしょうか。こういった 素朴な疑問にすべて答えます

【日時】2020年11月2日 9:00~16:00

【場所】〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
          関西大学梅田キャンパス

【主催関西大学梅田キャンパス/ 共催(一社)食品品質プロフェッショナルズ

【参加費】8000円 

【定員】 最大20名まで

【詳細、申し込みURL】:https://www.kansai-u.ac.jp/umeda/event-seminar/merise/2020.html

【投稿文公開】論座 新型コロナは「恐怖の感染症」ではない 安倍⾸相の辞任会⾒とともに動き出した対策の根本的な⾒直し

唐⽊英明 東京⼤学名誉教授、公益財団法⼈「⾷の安全・安⼼財団」理事⻑

ASCONの会員で、科学者委員会のアドバイザーも務めておられる「食の安全・安心財団」理事長の唐木英明氏の「新型コロナ」に関する論文です。

8月31日、論座—朝日新聞社の言論サイトに掲載されました。

唐木先生の許可をいただきましたのでご紹介・共有させていただきます。

【大阪/心斎橋】 コロナ対策はこれで最適か? 事業継続、再開、再興にむけて【2020年10月開催】

東京都と大阪府の全店舗で 感染防止ステッカーを取得 8月12日(水 ...現在は 大まかにいえば 発熱チェック、手指消毒、マスク着用、ディスタンス確保、パーティション設置、大声でしゃべらない、金銭授受のキャッシュレス化 そして換気といった順序で対策が奨励されていますが それは 事業所という それぞれに特殊性を持つ環境下でも 期待される効果を上げているのでしょうか。さらに 飲食店でいえば 今後 客の着座数と回転数を上げて コロナ以前を上回る収益を上げていきたいものですが それに向けてコロナ対策を練り直す必要はないのでしょうか? セミナーの中では 飲食店を仮定しての説明をいったん行ったのち すべての事業形態に携わる皆様の切実な疑問に答えていきます。

フードサービス協会のガイドラインをみても その実際の応用面でのアドバイスを求めている方々は多いことでしょう。
こういった参考書をしっかりと理解し、一歩進めて自らの事業所で さらにフィットした形で運用していくための、食品品質プロフェッショナルズと日本食品安全協会(大阪)は、まず 飲食店を解説の舞台として設定し、 議論を深め その後 そのほかの民間施設・公共施設へと延伸して Withコロナの状況にいかに向き合っていくべきかのアイデアを提供いたします。

研修内容:
• 飛沫感染、空気感染、接触感染の違い
• 今 採られている対策群のねらい
• 対策で 最大の効果を上げるには 何をどうしたらいいのか
• 個別事例に関する相談

【日程】 2020年10月17日(土)、10月24日(土)、10月31日(土)
いずれか一日を選択してください。定員を超えた場合には 他の日での受講を提案いたします。
【時間】9:30 ~ 16:00 【個別相談】16:00 ~ 17:00          講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】 〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階
          (株)実身美( サンミ) 本社会議室
【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】30名(対策の実例を示すため 最大収容の半分くらいまで定員を上げています)
【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 食品品質プロフェッショナルズ 認定講師

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可
自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【投稿文公開】食品と科学2020年9月号「飲食デリバリーの光と影 ~特に外食産業の保全の観点から~」

食品と科学 表紙

「飲食デリバリーの光と影 ~特に外食産業の保全の観点から~」

当協会代表広田鉄磨が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年9月号」に掲載された、「飲食デリバリーの光と影 ~特に外食産業の保全の観点から~」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/9月号』 (購入する)

  • 出版社名:食品と科学社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。

Word形式のファイルはこちら

【大阪/新大阪】 コロナ対策はこれで最適か? 事業継続 、再開、再興にむけて【2020年9月開催 】

東京都と大阪府の全店舗で 感染防止ステッカーを取得 8月12日(水 ...現在は 大まかにいえば 発熱チェック、手指消毒、マスク着用、ディスタンス確保、パーティション設置、大声でしゃべらない、金銭授受のキャッシュレス化 そして換気といった順序で対策が奨励されていますが それは 事業所という それぞれに特殊性を持つ環境下でも 期待される効果を上げているのでしょうか。さらに 飲食店でいえば 今後 客の着座数と回転数を上げて コロナ以前を上回る収益を上げていきたいものですが それに向けてコロナ対策を練り直す必要はないのでしょうか? セミナーの中では 飲食店を仮定しての説明をいったん行ったのち すべての事業形態に携わる皆様の切実な疑問に答えていきます。

省庁が担当のガイドラインや 大阪府の標準的対策についても その応用面でのアドバイスを求めている方々は多いことでしょう。
こういった参考書類をしっかりと理解し、一歩進めて自らの事業所で さらにフィットした形で運用していくための、食品品質プロフェッショナルズと日本食品安全協会(大阪)は、まず 飲食店を解説の舞台として設定し、議論を深め、その後、そのほかの民間施設・公共施設へと延伸して、Withコロナの状況にいかに向き合っていくべきかのアイデアを提供いたします。

研修内容:
• 飛沫感染、空気感染、接触感染の違い
• 今 大阪府下で採られている対策群のねらい
• 大阪方式で最大の効果を上げるには 何をどうしたらいいのか
• 個別事例に関する相談

【日程】 2020年9月26日(土)、9月27日(日)、9月28日(月)、9月29日(火)、9月30日(水)、10月1日(木) いずれか一日を選択してください。定員を超えた場合、また最低催行人員(2名)に満たない場合には 他の日での受講を提案いたします。
【時間】13:00 ~ 17:30 【個別相談】17:30 ~ 18:00    講義の進捗具合によって前後致します。
【場所】 〒532-0005 大阪市淀川区三国本町1-14-5
       株式会社 ダイキチ 北大阪支店 二階 会議室
【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】10名(フィジカルディスタンス確保のため、定員を絞っております)
【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 食品品質プロフェッショナルズ 認定講師

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可
自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【投稿文公開】食品と科学2020年8月号「公共施設及び利用者のための日常的なcovit-19対策」

食品と科学 表紙

「公共施設及び利用者のための日常的なCOVIT-19対策」

当協会代表広田鉄磨が寄稿し、月刊「食品と科学 2020年8月号」に掲載された、「公共施設及び利用者のための日常的なCOVIT-19対策」となります。

ご自由にご閲覧、ダウンロードして皆様の現場でご活用下さい。

『食品と科学 2020/8月号』 (購入する)

  • 出版社名:食品と科学社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5判
下記にコメント欄を設けておりますので、よろしければご感想をお寄せ下さい。