特定保健用食品の存在意義を考える【寄稿】

食品品質プロフェッショナルズ顧問の高橋久仁子教授から、保健機能食品について代表理事である広田鉄磨との意見交換がありました。高橋教授の許可を得て、そのやりとりと、お寄せいただいた「特定保健用食品の存在意義を考える」を公開致します。

高橋教授 → 代表理事 広田

保健機能食品の件

広田様

いつも情報をお送りくださり、感謝申し上げます。日経のトクホシンポジウムの件もありがとうございました。すでに申し込んでおりましたが、阿南さんの招待文を興味深く読みました。

私はトクホというより、保健機能食品全般をきちんと見直さなければ、消費者に対して無責任と考えています。添付ファイルは4月末〆切りで書いた原稿です。そこに書いたとおり、当初はトクホと機能性表示食品を同時に批判する予定でしたが、調べ直してみるとトクホそのものの問題を放置したままでいいのかと改めて考えた次第です。

その後、以前から気になっていた機能性表示食品の、トクホにはない機能性の表示問題として尿酸値に限定してまとめたのが以下です。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74890  

明日のシンポはトクホに限定かと存じますが、機能性表示食品という枠組みができている現在、消費者に対して、トクホの立場からは機能性表示食品をどのように説明するのか気になります。まさか、トクホにない機能性は機能性表示食品を使うといいですよ、とはおっしゃらないとは思いますが。

明日〆切で保健機能食品全般を問い直す原稿(←クリックでPDFダウンロード)を書いています。確たる理念があってできた保健機能食品制度ではないため、根拠法令もバラバラ、審査を経たトクホより、機能性表示食品のほうがはるかに強い口調で機能性を表現する等々、私はヘンだと思います。  両記事をご高覧いただければ幸いです。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。  

 =============================
高橋久仁子
食品の広告問題研究会
=============================

代表理事 広田 → 高橋教授

Re: 保健機能食品の件

高橋先生

お久しぶりです
拝読いたしました

すでに「尿酸値が高い」人
機能性表示食品の利用対象者は、「病気にかかっていない成人」である。
したがって、人間ドック等での検診で血清尿酸値が7.0mg/dLを超えて「尿酸値が高い」と指摘された人や、すでに高尿酸血症と診断されている人、痛風発作経験のある人は、尿酸値に言及する機能性表示食品の利用を考えてもムダである。
「現状の血清尿酸値は7.0mg/dL以下だが、けっこう高めだから今のうちに何とかしなければ」と考える人だけに、尿酸値言及商品の利用”資格”はある。
しかし、それも冷静に考えたほうがいい。限られた人数の被験者でおこなわれ、「有意差がある」とはいっても、その「効果」は小さいからだ。
医薬品ではなく、食品なのだから、当然のことである。40商品のどれを選ぶか、時間を使って悩み迷うより、アルコール飲料を飲みすぎない、運動不足を解消する、プリン体リッチな食品を食べすぎないなど、基本的な生活習慣の見直しに時間を使うほうが「効果」は大きいかもしれない。
届出表示の「尿酸値が高め」との文言の後ろには「(5.5(または6.0)~7.0mg/dL)」と続くが、これをきちんと読む人がどれだけいるだろうか。「そういえば、『尿酸値が高め』っていわれたな。これでも飲んでみるか」と、安易に利用する人がいないことを願うばかりである。

に 私に気にしている箇所が大きくハイライトされています

  1. 病人には効かない
  2. 予防向けとはいえ その傾向もない人には効かない
  3. 効能治験の信頼性は低い

なんとなく 今から飲んでいけば 将来(それも何十年先)病気にはならないだろうといった 安心希求願望に悪乗りし それどころか 煽り立てているというのが 大きな問題です

そんなに何十年も先が気になるなら そんなもののむより 軽い運動するとか ぐっすり眠るとか 長期にわたった健康の構築・維持をこそまず考えるべきでしょう

先生のメールをそのままに 何でしたら 私のメールもつけて 会のHPに添付も込みで掲載してよろしいでしょうか

広田