立開 康司(たてがい こうじ)

【居住区】

京都府

【トレーニング】

食品安全

【コンサルティング】

不可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


伊藤 和代(いとう かずよ)

【居住区】

東京都

【トレーニング】

消費者向けの食品安全、農業生産、畜産関連の品質の見極め等

【コンサルティング】

不可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


戸部 依子(とべ よりこ)

【居住区】

東京都

【トレーニング】

ISO22000、FSSC22000、JFS規格、HACCP、 ISO9001 (分野:食品、医薬品、医療機関、介護サービス)
上記規格であれば、内部監査員のトレーニングも可

【コンサルティング】

ISO22000、FSSC22000、JFS規格、HACCP、 ISO9001 (分野:食品、医薬品、医療機関、介護サービス)
上記規格であれば、内部監査員のトレーニングも可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

 


編集する


北林 卓(きたばやし たく)

【居住区】

栃木県

【トレーニング】

→食品衛生や食品安全分野で対応可能です。
    (例えば、従業員教育など)
→獣医師ですので、動物由来感染症や動物対策なども対応します。

【コンサルティング】

不可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


菅 いづみ(かん いづみ)

【居住区】

東京都

【トレーニング】

食品安全、衛生教育

【コンサル】

不可

【監査代行】

食品安全

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


稲森 律子(いなもり りつこ)

【居住区】

静岡県

【トレーニング】

・現在修行中のHACCP研修講師
・味噌や麹のことならば少しはお答えできるかもしれません

【コンサル】

不可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


江川 永(えがわ ひさし)

【居住区】

食品衛生(例えば、従業員教育など)
消費者対応
面談手法
性格分析論に基づいたチームビルディング

【トレーニング】

毛髪混入削減
キャリアコンサルティング
セルフキャリアドック

【コンサル】

不可

【監査代行】

不可

【アセスメント代行】

不可

【その他・請負可能業務】

不可

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


新 武司(あたらし たけし)

【居住区】

埼玉県

【トレーニング】

食品安全、品質管理、マネジメントシステム、従業員教育 製造、小売、飲食のどれでもOK

【コンサルティング】

食品安全、品質管理、マネジメントシステム、従業員教育 製造、小売、飲食のどれでもOK

【監査代行】

【アセスメント代行】

【その他・請負可能業務】

新 武司(あたらし たけし) 稲森 律子(いなもり りつこ) 伊藤 和代(いとう かずよ) 江川 永(えがわ ひさし)
管 いづみ(かん いづみ) 北林 卓(きたばやし たく) 清水 精一(しみず せいいち) 鈴木 英雄(すずき ひでお)
立開 康司(たてがい こうじ) 戸部 依子(とべ よりこ) 広田 鉄磨(ひろた てつま) 村上 哲(むらかみ さとる)

編集する


【大阪/淀屋橋】飲食店HACCPの構築に向けて【2020年4月開催】

飲食店(RTE) のHACCP構築にお悩みの方々に 「 これこそは!」のセミナー

「外食 手引書」の画像検索結果「外食 手引書」の画像検索結果日本食品衛生協会や日本フードサービス協会編纂の手引書の 実際の応用についてのアドバイスを求めている方々は多いことでしょう。

手引書を正確に理解し、さらに一歩進めて自らの店舗によりフィットした形で運用していくための一助として、食品品質プロフェッショナルズと日本食品安全協会(大阪)は、共同で「特化した飲食店向けの手順書」を上梓し続けていますが、それらを参考資料として提供、手引書の背景にある危害要因分析の過程を詳細に解説して、手引書の有効活用に必要な根本精神の部分の理解を提供いたします。

飲食店の運営に関わっていらっしゃる方々ばかりではなく、飲食店の衛生指導に当たっている保健所の職員の方々、飲食店とよく似た食材を扱っている給食業・総菜製造業、スーパー・百貨店でのインストア加工を管理監督されている方々など、いわゆるRTE(リテール)にかかわる方々すべてにお薦めの研修です。


研修内容:
• HACCP制度化に向けてのカレンダー
• いままでに出てきている手引書で特に飲食店向けに転用を推奨されているもの
• 食品品質プロフェッショナルズ・日本食品安全協会(大阪)が提唱する『飲食向けHACCP』の根底概念の説明
• ラーメン屋向け衛生管理の解説
• カレー屋向け衛生管理の解説
• 焼き鳥屋向け衛生管理の解説

 

【日程】 2020年4月4日(土)、4月11日(土)、4月18日(土)、4月25日(土)
【時間】10:00 ~ 17:00
【個別相談】17:00 ~ 18:00    講義の進捗具合によって前後致します。
【料金】6,000円(税込)当日会場でお支払い下さい。
【定員】20名(要予約)

【場所】 (株)実身美( サンミ) 本社会議室
    〒541-0046 大阪市中央区平野町 3 -2 -7  二階

ビル名は入口前には書いてありませんが、「トランクルーム」の看板と、一階の画廊が目印です。
東横イン淀屋橋駅南や、北陸銀行大阪支店に挟まれた位置に面しております。

【主催】 (一社)日本食品安全協会
【講師】 広田 鉄磨、他 日本食品安全協会 認定講師

お申込みは以下のフォームに必要事項を記入し、送信して下さい。

参加希望日 (必須)

お名前

メールアドレス

所属(会社名など)

当日連絡可能な連絡先

参加予定人数

個別相談の予約
個別相談あり個別相談なし
このセミナーをお知りになったきっかけ

メールマガジンにも登録してもよろしいでしょうか?
登録可登録不可

自動返信メールはqpfs.jpより届きますが、主催は「(一社)日本食品安全協会」となります。

【広田鉄磨】2019年度SRAJ第32回日本リスク学会年次大会講演論文

「日本のHACCPの中に組み込まれたバイアス」

2019年11月23日に東京で開催された日本リスク学会で、代表の広田が発表した論文のPDFファイルをダウンロードできます。

1. はじめに
 1995 年に 厚生労働省が「総合衛生管理製造過程の承認制度」の中にHACCP を導入。1998 年に厚生労働省、農林水産省が食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法を公、2013 年HACCP 支援法が2023 年までに延長されたという経緯をもつ日本のHACCP ではあるが、政府の肝いりに比べて 民間でのHACCP の伸展・定着は遅々としており いまだに大企業以外では一般的なものとはなっていない。

 その背景には 中小零細事業者の間に HACCP というものは 「大変だ・難しい・金がかかる」というネガティブなの印象が刻み込まれたことが原因ではないかと推察される。筆者は 別途 HACCP 研修を運営しているが そこでの受講者から吐露される心情というものは ほとんどの場合 「大変だ・難しい・金がかかる」に該当するものであって 制度化という圧力なしにはHACCP 展開はやりたくなかったと正直な告白を聴くにつけ この推察は かなり核心をついたものであると感じている。

 すでに埋め込まれたHACCP は「大変だ・難しい・金がかかる」というネガティブな印象が 二時間程度の講義でのインプットをもってして修正可能なのかどうか 2019 年9 月24 日 徳島県消費者大学校の 食品安全リスクコミュニケーター養成・食品表示コース HACCP 受講者35 名を対象として 講義前後にアンケートを実施し 結果を計測してみることで 今後のHACCP 伸展に向けてのコミュニケーション手法の参考としたい。