【5/20 大阪開催】HACCP関連セミナー

一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ主催で2018年5月20日日曜日に関西大学にてHACCP関連セミナーを開催します。

要旨

HACCP義務化に向け、融資・補助金制度をどう活用するのか、そして、食品表示法施行後も原料原産地表示の拡大など、新たな動きが続く食品表示の話題を中心の内容です。

日時

日時:2018年5月20日(日)13:00~(18:00終了予定)
場所:関西大学千里山キャンパス 第4学舎 1号館 1301、1302(最寄駅;阪急電鉄 関大前駅)
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号 TEL 06-6368-1121(大代表)(アクセス

プログラム(予定)

講師名につきましては、公開しておりません。ご了承ください。
詳細はチラシにてご確認ください。

食品表示の最近の動向について
~原料原産地表示と遺伝子組換え食品~
大阪府 健康医療部 食の安全推進課
食品表示グループ
食品表示の実際 (一社)食品品質プロフェッショナルズ
HACCP導入工場の建設、改修等への支援融資の活用 日本政策金融公庫農林水産事業本部
融資・補助金のあれこれ ブレインズ ネットワーク

セミナー参加費

一般;3000円
QPFS会員、SFSS会員;1,500円
通学型HACCP研修参加者;無料 ※当日必ず受講票をお持ちください

参加申込方法

参加希望の方は、2018年5月11日(金)17:00までに
事務局まで、メールにてお申し込みください。
メールは、タイトル;「セミナー参加希望」とし、本文は下記をコピー&ペーストし、必要事項を記載の上、お申し込みください。

タイトル;「5/20 セミナー参加希望」
本文;(点線以下をコピペしてください)
———————————————————–
お名前:
フリガナ:
連絡先メールアドレス:
所属団体(会社名):
参加費割引:□QPFS会員  □SFSS会員  □通学型HACCP研修参加※当日必ず受講票をお持ちください
領収書の必要な方は領収書用の宛先名;

【随時入学可能!!】2018年冬季【名古屋開催】通学型HACCP研修

食品関連産業に従事し、現在まで缶詰形式のHACCPトレーニングへの参加を躊躇していた方々にフレキシブルな形で参加できる、土曜日だけで完結できるHACCPトレーニングを提供します。。
トレーニングの水準としては いわゆるHACCP責任者研修程度のものを目指し、研修終了後には自身の関連する食品についてのHACCPシートを完成することができる力量を備えることが目的です。
また、当会のHACCPトレーニングは、入学はいつでもでき、1年間(大阪、東京、名古屋いずれも受講可能)有効です。

名古屋開催詳細(チラシ

開催期間

2018年2月10日~2018年3月17日

※なお、上記の期間で全て受講できなかった場合は、受講開始から1年間であれば大阪、東京、名古屋のいずれの開催地でも受講することができます。
※名古屋は2018年9月にも開校予定です。

開催場所

株式会社 環境科学研究所 食品分析センター3階(〒462-0006 名古屋市北区若鶴町152番地)
※場所の詳細はチラシをご覧ください。

講師陣

関西大学化学生命工学部 特任教授 広田鉄磨

一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ公認HACCP講師陣

参加費

20,000円(受講開始日より1年間有効)

カリキュラム

下記の通り「HACCP概論」から「終了試験」まで10の講義があります。

1.HACCP概論
HACCPの起源から最近の展開までを説明する

2.一般衛生管理概論
HACCPの基礎的な要件である一般的な衛生管理について解説する

3.製品仕様書・フローダイアグラム
HACCPを開始するにあたって関わる製品とラインを明確にする

4.危害分析
製品およびラインでどのような危害が潜伏しているか、取り込まれうるかを明確にし、その対策を立てる

5.環境衛生(周辺・建屋、設備)
一般的な衛生管理の基礎となる 環境面で注意すべき項目を学ぶ

6.ペストコントロール
一般的な衛生管理の中でも、自ら動き回る危害の運搬役である有害生物について学ぶ

7.物理・化学危害(アレルゲン含む)
危害の中でも硬質でとがったもの、あるいは化学物質で有害となるものについて学ぶ

8.微生物危害
微生物の中でも、食品とともに摂取されて人体に害をなすものについて学ぶ

9.HACCPプランの作成
1~8を総合して自分従事するラインで、危害をどう管理するかの計画をたて、その有効性の検証プランを立案する

10.修了試験
HACCPプランを発表し、そこでの質疑応答にしっかりと耐えうることをもって卒業検定とする

これら10の講義については、東京開催ではそれぞれ2回ずつの開講日を設けていますので、ご都合の良いタイミングで受講いただけます。
※ただし、修了試験だけは最後に受講するようにしてください。

今期終了できなかった場合には、来年2018年夏に同様の研修を開催しますので、そこに参加を継続していただいて結構です。
また、大阪、名古屋でも受講が可能です。

スケジュール

下記の通り開催いたします。ご都合の良いタイミングで入学、受講いただけます。

お申込方法

「HACCPセミナー申し込み」と題して、お名前と受講開始希望日を書き入れ food★kankyokagaku.com にメールでお申込みください。折り返し、受講可能の可否をご連絡いたします。
詳細につきましては、チラシをご確認ください。

【随時入学可能!!】2017年冬季【東京開催】通学型HACCP研修

食品関連産業に従事し、現在まで缶詰形式のHACCPトレーニングへの参加を躊躇していた方々にフレキシブルな形で参加できる、土曜日だけで完結できるHACCPトレーニングを提供します。。
トレーニングの水準としては いわゆるHACCP責任者研修程度のものを目指し、研修終了後には自身の関連する食品についてのHACCPシートを完成することができる力量を備えることが目的です。
また、当会のHACCPトレーニングは、入学はいつでもでき、1年間(大阪、東京、名古屋いずれも受講可能)有効です。

東京開催詳細

開催期間

2017年12月9日~2018年2月3日

※なお、上記の期間で全て受講できなかった場合は、受講開始から1年間であれば大阪、東京、名古屋のいずれの開催地でも受講することができます。

開催場所

ダンリーガルビル4階(〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1丁目7)

サピアタワー9階 関西大学東京センター(〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12)

※開催場所は下記スケジュールにてご確認ください。

講師陣

関西大学化学生命工学部 特任教授 広田鉄磨

一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ公認HACCP講師陣

参加費

20,000円(受講開始日より1年間有効)

 

カリキュラム

下記の通り「HACCP概論」から「終了試験」まで10の講義があります。

1.HACCP概論
HACCPの起源から最近の展開までを説明する

2.一般衛生管理概論
HACCPの基礎的な要件である一般的な衛生管理について解説する

3.製品仕様書・フローダイアグラム
HACCPを開始するにあたって関わる製品とラインを明確にする

4.危害分析
製品およびラインでどのような危害が潜伏しているか、取り込まれうるかを明確にし、その対策を立てる

5.環境衛生(周辺・建屋、設備)
一般的な衛生管理の基礎となる 環境面で注意すべき項目を学ぶ

6.ペストコントロール
一般的な衛生管理の中でも、自ら動き回る危害の運搬役である有害生物について学ぶ

7.物理・化学危害(アレルゲン含む)
危害の中でも硬質でとがったもの、あるいは化学物質で有害となるものについて学ぶ

8.微生物危害
微生物の中でも、食品とともに摂取されて人体に害をなすものについて学ぶ

9.HACCPプランの作成
1~8を総合して自分従事するラインで、危害をどう管理するかの計画をたて、その有効性の検証プランを立案する

10.修了試験
HACCPプランを発表し、そこでの質疑応答にしっかりと耐えうることをもって卒業検定とする

これら10の講義については、東京開催ではそれぞれ2回ずつの開講日を設けていますので、ご都合の良いタイミングで受講いただけます。
※ただし、修了試験だけは最後に受講するようにしてください。

今期終了できなかった場合には、来年2018年夏に同様の研修を開催しますので、そこに参加を継続していただいて結構です。
また、大阪、名古屋でも受講が可能です。

スケジュール

下記の通り開催いたします。ご都合の良いタイミングで入学、受講いただけます。

このほか、選択科目として下記も受講が可能です。

お申込方法

「東京HACCP」と題して、お名前と受講開始希望日を書き入れ info★QPFS.or.jp にメールでお申込みください。折り返し、受講可能の可否をご連絡いたします。
受講の受け入れが可能である旨のメールが届きましたら、メールの内容に従い、受講料の振込をお願いいたします。

受講参加開始日には、受講料振込確認メールのプリントアウトをお持ちください。

【2/18 東京開催】HACCP関連セミナー

一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ主催で2018年2月18日日曜日に東京海洋大学にてHACCP関連セミナーを開催します。

日時

日時:2018年2月18日(日)13:00~17:30
場所:東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館 2階 (最寄駅 品川駅) アクセス

プログラム

1.「食品表示の最近の動向について」
2.「涙の出ないタマネギの開発(気づきから製品化まで)」
3.「元監視員から見た保健所の現場から見た食品衛生」

講師

FOOCOM代表、東京海洋大学非常勤講師 森田 満樹 氏
ハウス食品グループ本社勤務 今井 真介 博士(イグ・ノーベル賞受賞者)
元中央区保健所食品衛生監視員 小暮 実 氏

セミナー参加費

3,000円 ※現地払い
※通学型HACCP研修を受講の方は無料
※QPFS会員、連携団体会員の方は半額

定員

30名 ※定員になり次第締め切ります。

懇親会

希望者が多数集まった場合は、懇親会を開催いたします。
懇親会は別途費用を頂きます。(懇親会は品川にて18時開始予定)

参加申込方法

参加希望の方は、2018年2月9日(金)17:00までに
事務局まで(メール)にてお申し込みください。

メールは、タイトル;「東京開催 HACCP関連セミナー参加希望」とし、本文は下記をコピー&ペーストし、必要事項を記載の上、お申し込みください。

タイトル;「東京開催 HACCP関連セミナー参加希望」
本文;(点線以下をコピペしてください)
———————————————————–
お名前:
フリガナ:
連絡先メールアドレス:
会社名(又は所属団体):
部署名:

参加費割引対象の場合、所属団体をご記入ください:

領収書:□必要 □不要
領収書の宛名(記載がない場合は、個人名となります);

当日連絡が取れる電話番号:
到着予定時刻:

このセミナーをどこでお知りになりましたか?:

今後のセミナー案内:□希望する □希望しない

【農水補助事業】食品事業者のためのJFS説明会

要旨

2016年、日本で国際的に通用させていく食品安全管理の規格であるJFS(Japan Food Safety Standard)の認証/適合証明の運営が開始されました。認証/適合証明を受ける組織も増えてきています。我が国では現在、食品の安全性向上や取組の標準化において大きく進展しております。JFSは、2017年2月のGFSIガイダンスドキュメント(承認要求事項)のv7への改訂等を受けて、4月に改定しています。説明会では、食品事業者の皆様に対し、JFS-A/B/Cの規格(食品及び化学製品の製造セクター)の解説(改定部分も言及)及び認証/適合証明の仕組み、JFSの特徴を解説します。
チラシ;PDF)

開催情報

日  時 名古屋;2017年9月27日(水)13:00~16:00(受付12:30~)
札幌;2017年10月2日(月)13:30~16:30(受付13:00~)
福岡;2017年11月21日(火)13:30~16:30(受付13:00~)
東京;2018年2月15日(木)13:30~16:30(受付13:00~)
内  容
1.「JFS認証/適合証明の説明」 (一社)食品安全マネジメント協会
2.「JFSを取得するメリットと取組事例」 (一社)食品品質プロフェッショナルズ
参 加 費 無料!!
申 込 先 こちらからお申し込みください。

※会場、定員等の詳細につきましてはこちらからご確認ください。

【2/3 東京開催】HACCP関連セミナー

一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ主催で2018年2月3日土曜日に関西大学にてHACCP関連セミナーを開催します。

日時

日時:2018年2月3日(土)11:20~15:00 (11:00と13:00に 3階に受付を設置します)
場所:関西大学東京センター(東京駅真横 サピアタワー9階 アクセス
※当日は入場手続きが必要です。詳しくは本ページの下の方をご確認ください。

プログラム

詳細等につきましては、チラシをご確認ください。

11:20~12:50 一般消費者から見たHACCP
13:30~15:00 食品偽装(防止対策のあるべき姿)

講師

元全国消費者団体連絡会事務局 菅いづみ 氏
一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズ代表理事 広田鉄磨

セミナー参加費

1公演 3,000円 ※現地払い
2公演 5,000円 ※現地払い
但し、通学型HACCP研修を受講の方は無料

定員

30名 ※定員になり次第締め切ります。

入場手続について

関西大学東京センター は、事前に入場者のお名前、所属(団体名)等の提出が必要となります。
お申込み時に不足がありますと、当日入場手続きに時間がかかったり、入場できないことがございますので、記入漏れがないようお願い申し上げます。
当日はインフォメーションにて、入場手続きをして9階までお越しください。

参加申込方法

参加申し込みは締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

参加希望の方は、2018年1月29日(月)17:00までに
事務局まで(メール)にてお申し込みください。

【1/13 東京開催】食品防御セミナー

一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ主催で2018年1月13日土曜日に関西大学にて食品防御セミナーを開催します(チラシ)。

タイトル;食品防御を改めて考え直す

一般社団法人 食品品質プロフェッショナルズでは、監視カメラなどのハードに傾斜しない食品防御の構築の必要性を訴え続けていますが、その趣旨に沿った内容で 代表理事 広田鉄磨 が講演を行います。

日時

日時:2018年1月13日(土)13:30~15:00
場所:関西大学東京センター(東京駅真横 サピアタワー9階 アクセス
※当日は2階にて入場手続きが必要です。詳しくは本ページの「入場手続について」をご確認ください。

セミナー参加費

3,000円 ※現地払い

定員

30名 ※定員になり次第締め切ります。

入場手続について

関西大学東京センター は、事前に入場者のお名前、所属(団体名)等の提出が必要となります。
お申込み時に不足がありますと、当日入場手続きに時間がかかったり、入場できないことがございますので、記入漏れがないようお願い申し上げます。
当日は2階インフォメーションにて、入場手続きをして9階までお越しください。

参加申込方法

参加申し込みは締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

【開催期間中随時入学可能!!】HACCPトレーニングセミナー

ご不明な点につきましては、当団体ではなく関西大学 KANDAI Me RISEへ直接ご連絡ください。

趣旨

食品関連産業に従事し、現在まで缶詰形式のHACCPトレーニングへの参加を躊躇していた方々にフレキシブルな形で参加できるトレーニングの機会を提供します。
トレーニングの水準としては いわゆるHACCP責任者研修程度のものを目指し、研修終了後には自身の関連する食品についてのHACCPシートを完成することができる力量を備えることが目的です。

開催場所

関西大学梅田キャンパス

カリキュラム

下記のとおり「HACCP概論」から「終了試験」まで10の講義があります。
カリキュラム

日時

当セミナーは、随時入学可能です。
講義については、それぞれ3つの開講日を設けていますので、ご都合のよい時間帯で受講いただけます。
それぞれの講義内容は独立していますので、どの講義から受講いただいても大丈夫です。また、一度ではよく理解できなかった場合など、受講証を提示いただければ何度受講いただいても構いません。
ただし、修了試験だけは最後に受講するようにしてください。
日時

受講料

20,000円
受講料は受講初日にお支払いただきます。当日キャンパス1Fに掲示いたします指定場所にてお支払ください。

申込方法

KANDAI Me RISEよりお申し込みください。

問合せ先

関西大学 梅田キャンパスオフィス(TEL:06-4256-6410)

9/5~開催【(一社)食品安全協会 様】2017年秋季HACCPセミナー

ご不明な点につきましては、当団体ではなく(一社)食品安全協会 様へ直接ご連絡ください。

テーマ

HACCP
義務化と実践方法

~HACCPに関するあらゆる疑問にお答えします~

要旨

1.HACCPの義務化は、EU型から米国型の管理になることを理解していただく。
2.HACCPは生産性の向上に役立つツールであることを確認していただく。
3.業種別に、具体的なHACCPの実践方法を身につけていただく。
※詳細はチラシをご覧ください。

申込方法

各セミナーごとにお申し込みが必要です。
下記より各セミナーのお申し込みを行ってください。
複数のセミナーを一括でのお申し込みの場合は、チラシをご利用ください。

セミナー内容

飲食店のHACCP

日  時 2017年9月5日(火)14:00~16:00(受付13:30~)
場  所 ユラヌス21ビル 2階
(〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28)
※最寄駅は大阪市営地下鉄 堺筋線 長堀駅 6番出口
講  師
(敬称略)
福田裕一((一社)食品安全協会)
広田鉄磨((一社)食品品質プロフェッショナルズ)
内  容
第1章 ■日本の食品業界は、110年前の米国と同じ状況
■HACCPで生産性が向上する理由
■日本式衛生管理では、食品事故が防げない理由
第2章 ■衛生管理の視点を変える2つのポイント
■メニューではなく、店舗全体で考える。
■グループ分け次第で煩雑さが変わる。
参 加 費 おひとり2,000円
定  員 30名 ※ただし、1社2名様まで
申 込 先 こちらからお申し込みください。

小売業・惣菜のHACCP

日  時 2017年9月7日(木)14:00~16:00(受付13:30~)
場  所 ユラヌス21ビル 2階
(〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28)
※最寄駅は大阪市営地下鉄 堺筋線 長堀駅 6番出口
講  師
(敬称略)
福田裕一((一社)食品安全協会)
広田鉄磨((一社)食品品質プロフェッショナルズ)
内  容
第1章 ■日本の食品業界は、110年前の米国と同じ状況
■HACCPで生産性が向上する理由
■日本式衛生管理では、食品事故が防げない理由
第2章 ■衛生管理の視点を変える2つのポイント
■メニューではなく、店舗全体で考える。
■グループ分け次第で煩雑さが変わる。
参 加 費 おひとり2,000円
定  員 30名 ※ただし、1社2名様まで
申 込 先 こちらからお申し込みください。

食品加工のHACCP

日  時 2017年9月12日(火)14:00~16:00(受付13:30~)
場  所 ユラヌス21ビル 2階
(〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28)
※最寄駅は大阪市営地下鉄 堺筋線 長堀駅 6番出口
講  師
(敬称略)
福田裕一((一社)食品安全協会)
広田鉄磨((一社)食品品質プロフェッショナルズ)
内  容
第1章 ■日本の食品業界は、110年前の米国と同じ状況
■HACCPで生産性が向上する理由
■日本式衛生管理では、食品事故が防げない理由
第2章 ■衛生管理の視点を変える2つのポイント
■重要管理点(CCP)の決め方
■HACCP構築の便利なツール
参 加 費 おひとり2,000円
定  員 30名 ※ただし、1社2名様まで
申 込 先 こちらからお申し込みください。

農業のHACCP

日  時 2017年9月14日(木)14:00~16:00(受付13:30~)
場  所 ユラヌス21ビル 2階
(〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28)
※最寄駅は大阪市営地下鉄 堺筋線 長堀駅 6番出口
講  師
(敬称略)
福田裕一((一社)食品安全協会)
広田鉄磨((一社)食品品質プロフェッショナルズ)
内  容
第1章 ■日本の食品業界は、110年前の米国と同じ状況
■HACCPで生産性が向上する理由
■日本式衛生管理では、食品事故が防げない理由
第2章 ■肥料・農薬・水・空気の管理記録
■GAPとHACCPの使い分け
■外国人研修制度の活用
参 加 費 おひとり2,000円
定  員 30名 ※ただし、1社2名様まで
申 込 先 こちらからお申し込みください。

飲食店・惣菜・スーパーマーケットのHACCP実践ワークショップ

全米食品微生諮問委員会[NACMCF]のカリキュラムに準拠!!

参 加 費おひとり2,000円

日  時 2017年9月26日(火)9:00~16:00(受付8:30~)
2017年9月28日(木)9:00~16:00(受付8:30~)
場  所 ユラヌス21ビル 2階
(〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28)
※最寄駅は大阪市営地下鉄 堺筋線 長堀駅 6番出口
講  師
(敬称略)
福田裕一((一社)食品安全協会)
広田鉄磨((一社)食品品質プロフェッショナルズ)
内  容 詳細が決まり次第ご連絡いたします。
定  員 30名 ※ただし、1社2名様まで
申 込 先 こちらからお申し込みください。

【7/8 東京開催】超高齢社会における食品安全を考える

一般社団法人食品品質プロフェッショナルズ主催で2017年7月8日土曜日に東京海洋大学品川キャンパスにて超高齢社会における食品安全を考えるセミナーを開催します。

2013年時点におけるわが国の高齢化率は、25%に達し、今や超高齢社会になっています。誤嚥、介護食といったテーマで専門家のご講演をいただくとともに超高齢社会におけるHACCPについても考えます。

日時

日時:2017年7月8日(土)13:00~17:30
場所:東京海洋大学品川キャンパス講義棟2階22番教室(東京都港区港南4-5-7 アクセス
最寄駅:JR線、京浜急行線 品川駅港南口より 徒歩10分
京浜急行線 北品川駅より 徒歩12分
りんかい線、東京モノレール 天王洲アイル駅より 徒歩15~20分

プログラム

詳細が決まり次第、ご連絡いたします。

セミナー参加費

一般;3,000円
QPFS会員;1,500円

なお、セミナー後懇親会を計画しております。ご希望の方は、セミナー参加申し込みメールに「懇親会参加希望」をお書き添えください。

参加申込方法

参加希望の方は、2017年6月30日(金)17:00までに
事務局 西山(japanfoodsafety★gmail・com)まで、メールにてお申し込みください。
メールは、タイトル;「東京開催 食品安全セミナー参加希望」とし、本文は下記をコピー&ペーストし、必要事項を記載の上、お申し込みください。

タイトル;「東京開催 食品安全セミナー参加希望」
本文;(点線以下をコピペしてください)
———————————————————–
お名前:
フリガナ:
連絡先メールアドレス:
年会費の支払い;□個人で払っている □企業が払っている □払っていない
会社名:

領収書の有無: □必要(宛名:        ) □不要
※セミナー参加費以外の費目(例えば研修費、交流会参加費など)が望ましい場合には「費目」も記載してください。
懇親会参加の有無: □参加する □参加しない

当日連絡が取れる電話番号:
到着予定時刻:
今後のセミナー案内:□希望する □希望しない