10/13開催【日本食品化学学会様】 第33回食品化学シンポジウム

ご不明な点につきましては、当団体ではなく日本食品化学学会様 様へ直接ご連絡ください。

食品の表示と安全性の動向

要旨

昨今、食品をとりまく環境はめまぐるしく変化しており、消費者が日々の食生活から健康維持を図るためには、食品を安全に摂取できると共に、自主的・合理的に食品を選択できることが必要となります。
このような状況下、食品衛生、食品表示及び健康増進に関する基準・指針は、消費者の健康保護に資する為、継続的な見直しや改正が行われています。
そこで今回、日本食品化学学会では、「食品の表示と安全性の動向」をテーマとして、栄養成分の摂取と分析方法、添加物のリスク評価、機能性表示食品及び食品表示法の最新動向に関するシンポジウムを開催し、新しい基準・指針への理解を深め、今後の対応を考えていく場にしたいと思います。
※詳細はチラシをご覧ください。

日時

日時:2017年10月13日(金) 13:00~18:00
場所:東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区千住旭町5番)

プログラム

詳細等につきましては、チラシをご確認ください。

13:00~ 受付開始
13:30~13:35 世話人挨拶 小川 久美子 (国立医薬品食品衛生研究所 病理部)
13:35~15:20 シンポジウム1 食品栄養成分の考え方と安全性評価

講演①
栄養成分関連添加物について
三重大学 医学部 森田明美
講演②
栄養成分表示のための分析方法に関する最近の話題
国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 竹林 純
講演③
食品添加物-特に栄養成分・加工助剤・酵素のリスク評価について
国立医薬品食品衛生研究所 病理部 高須伸二
15:20~15:35 休憩
15:35~16:55 シンポジウム2 食品表示の最新動向

講演④
機能性表示食品について(仮題)
国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 合田幸広
講演⑤
食品表示制度の現状と今後について
消費者庁 食品表示企画課 赤碕暢彦
16:55~17:00 閉会挨拶  手島 玲子(日本食品化学学会 理事長)

参加費

個人・法人会員3,000円
非会員5,000円
※当日会場でお支払ください。

定員

150名
※定員になり次第受付終了となります。

参加申込方法・問い合わせ

こちらよりお申込みください。