’17 1/21開催【日本食品化学学会&奥伊勢BSC 様】第2回食品科学研究のための基礎セミナー

ご不明な点につきましては、当団体ではなく日本食品化学学会様へ直接ご連絡ください。

第2回食品科学研究のための基礎セミナー:論文リテラシー「食品科学関係の論文を読み書きする能力」を養おう

主  催:日本食品化学学会
一般財団法人奥伊勢バイオサイエンスセンター(奥伊勢BSC)

日  時:2017年1月21日(土) 10:00~15:00

場  所:食品衛生センター内 5階講堂(東京都渋谷区神宮前2-6-1)

参 加 費:個人/法人・団体会員(日本食品化学学会・奥伊勢BSC):2,000円
公的試験研究機関(非会員):3,000円
大学(非会員):5,000円
企業(非会員):10,000円

定  員:100名

申込方法:こちらよりお申し込み下さい。

チ ラ シ:開催趣意・概要(PDF)

プログラム:(敬称略)

9:30 受付開始
10:00-10:20 『実験研究の成果発表(エビデンス)の重要性について』 奥伊勢バイオサイエンスセンター 理事長 松尾 雄志
10:20-11:20 『学術論文の読み方、書き方(基本編):Regulatory Science における論文の意味を踏まえて』 国立医薬品食品衛生研究所・食品部長(日本食品化学学会理事) 穐山 浩
11:30-12:10 『論文は自己表現の一つです。』 麻布大学 生命環境科学部 食品生命科学科食品安全科学研究室 教授 小西 良子
12:10-13:20 ランチョンセミナー『学位論文を書くに至るまで(仮題)』 三重大学大学院・地域イノベーション学研究科 教授 矢野 竹男(指導教官)
辻製油㈱ 研究員 伊藤 克
千葉県衛生研究所 上席研究員 橋本 博之
13:20-14:00 『皆が目指せるエレガントな論文作成~7年間のNIH留学経験から~』 藤田保健衛生大学大学院保健学研究科教授 京都大学名誉教授 齋藤邦明
14:10-14:50 『地方衛生研究所における研究方法、論文のまとめ方、査読者との対応方法(仮題)』 埼玉県衛生研究所 水・食品担当部長 石井里枝

 

問合せ先:日本食品化学学会事務局 shokuhinkagaku★jsfcs.org